トランクルームを利用することのメリット

使う時期が限られる荷物や、すぐには使う予定のない荷物があると、管理に困り場所を圧迫してスペースを取られる不便が生まれます。困った際には、トランクルームを賢く利用して収納する事をお勧めします。トランクルームというのは、倉庫業者が利用者の荷物を保管してくれるサービス業です。種類としては大きく二つに分かれ、建物の中で預かる屋内型と、屋外のトランクで預かる屋外型が見られます。利用者は現在では九割方が民間の個人ですが、会社が荷物を預ける際に利用するケースもあります。トランクルームの業者を選ぶ際の一つの基準として、その業者がどの種類の認可を受けているかも判断材料として有効です。通常は倉庫業法第二条を満たした標準業者ですが、中には更に厳しい条件である第二十五条を満たした優良トランクルームも存在します。高いセキュリティや預かり場所の優れた保管環境などが整っていますので、選ぶ際には参考にして下さい。

どんな時にトランクルームを利用するメリットがあるか

トランクルームの屋外型と屋内型には、それぞれの利点があります。まず屋外型ですが、一番のメリットは料金が安いことです。温度や湿度の問題が関係しにくい大型の荷物であれば、屋内型トランクルームより安い料金で利用できます。例えば、引っ越しなどの一時的に荷物を整理しなければならない場合には、大きなスペースを取りやすい屋外型のサービスを利用して整理や運搬に役立てると便利です。屋内型は比較的値段は高めですが、何といってもセキュリティの高さが魅力です。屋内型は建物の中に保管場所があるため、荷物の入出庫の際のトラブルが起きにくい利点があります。繊細な荷物を預かって欲しい時には、屋内型のトランクルームを利用して荷物の安全性を確保したほうが良いです。湿度や温度の保証条件は会社ごとに違いますので、契約する前に荷物を預けるのに相応しいかチェックしておきましょう。

トランクルームを利用する際に注意すべき事

トランクルームは便利なサービスではありますが、利用する際には確認しておくべき注意事項もあります。一日中、24時間営業している場合もありますが、中には営業時間内の荷物の配送しか対応出来ない場合や、立ち合いが必要な場合はこちらも営業時間内でないと入出庫が出来ない場合もありますので、最初のメニューを見て不便が無いか確認すべきです。トランクルームによっては預かる荷物の種類が限定される場合もありますので、管理が難しい飲食物や湿気に弱い芸術品の類であれば、預かりの段階で拒否されるトラブルもありえます。事前に何を預けたいのかを業者にきちんと相談し、どんな管理下に置かれるのか担当者と話をして契約書を熟読した方が安全です。そして一番してはいけないのが、荷物の預け忘れです。管理会社によっては処分されることや、売却されて荷物が無くなってしまう危険もありますので、くれぐれも忘れないように留意すべきです。