おすすめのトランクルームの特徴

広義の意味でのトランクルームとは物置ですが、これには2種類あり、倉庫業者が経営しているトランクルームと、非倉庫業者、主に不動産会社が営業しているレンタル収納スペースの2種類が存在します。倉庫業者が行っているトランクルームは預かった荷物を倉庫業者が責任をもって管理をすることになっていますが、レンタル収納スペースは場所の提供であって、中に入っている荷物の責任はなく、責任を持ってお預かりいたしますという言葉を使っての宣伝は禁止されています。広義の意味でのトランクルームを利用される方の多くは荷物の置き場に困っているためだと思います。シーズンを選ぶものや、数年に一度しか使用しないようなもの、捨てることをためらう物など様々だと思います。このように使う頻度が少ないものでも、丁寧に保管ができることは大切です。ですから、物に合った環境を備えているトランクルームを選ぶことが大切です。

トランクルームは管理がしっかりしていることが大切です

トランクルームには温度管理、湿度管理、防犯セキュリティがしっかりできているところが安心できます。家具やスキー用品などは、放置すればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、湿度管理が出来ていなければカビが生えますし、温度管理ができていなければヒビが入るなど破損の可能性が高くなることがあります。また防犯セキュリティはカギがかかっていればいいという話では無く、防犯カメラの設置、管理人が荷物の取り出しを行う有人監視や、警備会社と契約する警備システムなどが行われていることが大切です。たとえば捨てようか残そうか迷っている物が盗まれても、諦めは付くかもしれませんが、トランクルームは使用頻度が低いものだけでなく、家に置いて盗まれたくない大切なものを保管する場所でもありますから、防犯がしっかりしていることは非常に重要なことです。

トランクルームは大切なものを保管する場所にもなります

トランクルームには収納物を特化したものがあります。ワイン保管庫、文書保管庫、書籍保管庫、衣服保管庫、バイク保管庫など様々です。専門のトランクルームですから、環境も整っており、盗難や火事などが起こらない限り安心して任せることができる場所です。また盗難や火事が起こらないようにセキュリティがしっかりしていれば、さらに安心です。特に重要書類を管理している場合は重要な点です。またバイク保管庫は一緒にタイヤや工具などを置くこともできますから、保管庫兼、屋根付き整備室とすることができますから、マンションなどでバイクが雨さらしになるのが嫌という人や、趣味が同じ人たちと一緒に整備がしたいという人には、とてもありがたいスペースとなります。不要なものを保管するだけでなく、大切な物をカギ付きの箱に保管するスペースでもあるトランクルームですので、利用方法によって値段や環境を考えて、探してみてほしいです。